稼ぎすぎた「風俗嬢」と「占い師」が1億円訴訟 軍配は

社会週刊新潮 2017年2月2日号掲載

 占い師と風俗嬢。一見、接点のない2人の“主従関係”を見抜いたのは意外な人物だった。1月18日、東京地裁で占い師に約9800万円の支払いを命じる判決があったのだが、その裏にとんでもない経緯があって……。社会部デスクの話。

「訴えたのは、埼玉県に住む34歳の本田亜理紗さん(仮名)。2年半もの間、風俗で働いた収入を年上の占い師、澤口里香(同)に詐取されたと、1億円の賠償請求を起こしたのです」

 事の発端は2008年末。

「本田さんは2人の子を持つ、シングルマザー。

...

記事全文を読む