“脱原発のマドンナ”木内みどり 「市民運動は面倒くさい」本人語る

社会週刊新潮 2016年11月10日神帰月増大号掲載

「そんなことやったからでしょうね、市民運動家って言われるようになって。気持ちの上では、運動家じゃないんです、女優ですと言いたいんですが……」とため息をつくのは木内みどりサン(66)。実は彼女、集会で頻繁に司会を務めることから、脱原発のマドンナ的存在になっていた。が、その胸中は意外なことに……。

 ***

「海外の俳優さんが時に社会的な発言をするでしょ。あれと同じなんですけどね」

 彼女が“脱原発”に関わる契機は、2011年3月に起きた東日本大震災と原発事故だった。

...

記事全文を読む