90歳エリザベス女王も――諸外国の退位事情とは〈生前退位の大疑問〉

社会週刊新潮 2016年7月28日号掲載

 海外では、国王や女王が生前退位するのはそれほど珍しいことではない。例えば2013年7月には、ベルギーのアルベール2世前国王(82)が高齢と健康上の理由で退位し、長男のフィリップ皇太子(56)に王位を譲った。スペインでは14年6月、王室を巡る不祥事が相次ぐ中、フアン・カルロス1世前国王(78)が退位し、長男のフェリペ6世(48)が王位についている。オランダのベアトリックス前女王(78)も13年4月に高齢などを理由に退位、長男のウィレム・アレキサンダー皇太子(49)が王位を継承した。

...

記事全文を読む