震災で大事な人を亡くしました(33歳女性)――教えて!寂聴先生「この世は常ならず」

老いも病も受け入れよう~瀬戸内寂聴先生 お悩み相談~ 2016年6月11日掲載

 作家で僧侶である瀬戸内寂聴さんのもとには、毎日たくさんの悩み相談が寄せられます。寂聴さんが94歳で行きついた境地を語ったエッセイ『老いも病も受け入れよう』刊行を記念し、寂聴さんに届けられた相談のいくつかにお答えを頂きました。

 ***

【震災で大事な人を亡くしました。悲しみから立ち直れません。】

 東日本大震災で、実母と夫、4歳だった息子を亡くしました。あれから5年経ちますが、まったく悲しみから立ち直ることが出来ません。

...

記事全文を読む