『笑点』50周年 歌丸師匠が語った“笑点の歌丸では終わりたくない”

芸能週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

『笑点』50周年を記念し、このほど番組から引退をする桂歌丸師匠(79)が思い出を語る“誌上独演会”。番組の発案者で、番組当初のレギュラーメンバーを選んだ故・七代目立川談志と出演者との間には、談志の好むブラックユーモアの是非をめぐって溝ができていたと明かす。その後、放送作家の前田武彦、「てんぷくトリオ」の三波伸介と司会者は替わり、おなじみ五代目三遊亭圓楽になったのは1983年のことだった。

 ***

 試行錯誤を続けた『笑点』も、徐々に国民の間に定着して73年10月には40・5%という視聴率を記録するまでになった。

...

記事全文を読む