司会引退の歌丸『笑点』50年を語る 発案者・立川談志と出演者の間には溝ができていた

芸能週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

 国民的娯楽番組の『笑点』が放送50周年を迎えた。個性豊かな出演者による大喜利での掛け合いで、半世紀にわたって日本列島に笑いを提供してきた名物番組。それを支えた1人が桂歌丸師匠(79)だ。このほど番組からの引退を発表した、“大喜利の神様”の誌上独演会。

 ***

「あたしを世に出してくれたのは、五代目古今亭今輔師匠と四代目桂米丸師匠、そしてやっぱり『笑点』ですね。この3つが、あたしの大恩人だと思ってます」(歌丸師匠、「」以下同じ)

 日本テレビの演芸番組『笑点』(日曜午後5時30分~)の放送が始まったのは、今から50年前の1966年5月15日。

...

記事全文を読む