第九回 混沌とした状況を楽しむ、北山修さんの「ぐだぐだ力」

ラッキィ池田の天才ウォッチ!―成功のヒミツは「子供力」―

 東日本大震災から6年が経とうとしている。

 あの日、岩手県釜石市の「遺体安置所」には大勢の人々が集まった。人口およそ4万人の三陸の港町を襲った津波は、死者と行方不明者、合わせて1145人もの犠牲を出した。廃校になった学校などいくつかの施設が「遺体安置所」となり、瞬く間に未曾有の数の「遺体」が各施設を埋めていった。警察官、市役所員、医師、消防団員、葬儀会社社員、民生委員……その中には、地元のお寺、仙寿院の芝崎惠應住職の姿もあった。

 その様子を取材し、『遺体 震災、津波の果てに』で伝えた石井光太は言う。

...

記事全文を読む