「津川雅彦」を良き父に変質させた「生後5カ月の娘」の誘拐事件

芸能週刊新潮 2016年3月3日号掲載

 かつては誘拐の発生と同時にその詳細が報じられるのが「常識」だった。今は昔の話である。しかし、ある事件をきっかけに、被害者の安全が確認されるまでは報道しない「報道協定」が一般化していく。その転機となった42年前の事件を、当事者が振り返った。以下は、俳優の津川雅彦(76)の「人生最悪の2日間」。

 ***

 1974年8月15日未明。東京・世田谷区の津川邸から、生後5カ月の長女、真由子ちゃんが何者かに連れ去られた。だが、当日もその翌日も、新聞はこの大事件を報じなかった。

...

記事全文を読む