復興へ力強く 被災地3県の農業の今|vol.6

荒川静香のステイ・ポジティブ

 岩手県気仙(けせん)地域(大船渡(おおふなと)市・陸前高田(りくぜんたかた)市・住田(すみた)町)は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で甚大な被害を受けたエリアひとつ。死者1908人、行方不明者296人。被災世帯は実に8915戸に及ぶ。農業被害も甚大で、農地の被害面積は約460ヘクタールに達した。

 被災地の農家への取材を重ねてきたプロフィギュアスケーターの荒川静香さんが、陸前高田市に向かったのは、2013年の秋のこと。祖父と孫でキュウリを育む竹駒地区の一家を訪ねるとともに、米崎地区の被災した水田の復旧作業の状況も取材した。

...

記事全文を読む