【「田中角栄」追憶の証言者】小沢一郎とオレの合同誕生日会――渡部恒三(元衆議院副議長)

政治週刊新潮 2015年12月17日号掲載

「オレはオヤジの心遣いに魅了された」。そう柔和な笑顔で話すのは、“平成の黄門様”こと渡部恒三・元衆議院副議長(83)だ。かつての弟子だけが知る“オヤジ”の素顔――。

 ***

 オヤジは人の心を掴む天才だ。1969年12月、オレは自民党の公認をもらえず、福島2区から無所属で初当選した。幹事長であるオヤジは、インタビューで「彼は素晴らしい。追加で公認する」と答えたんだけど、オレは選挙で自民党からいじめられてたから、そんな気は起きなかったんだ。

 しかし、その数日後にはオヤジの子分になっていたのだから、不思議なものだ。

...

記事全文を読む