【「田中角栄」追憶の証言者】角栄の懐の深さに「竹下登」が泣いた日があった――齋藤隆景(新潟県議会議員)

政治週刊新潮 2015年12月17日号掲載

 1985年2月に角栄が脳梗塞に倒れると、田中派所属の竹下登蔵相(当時)は反旗を翻し、自派閥「経世会」を立ち上げた。2人のわだかまりは終生解けなかった、というのが政界での定説だが、齋藤隆景・新潟県議(71)は、“オヤジの真意”に触れて竹下が泣いた日を鮮明に覚えていた。

 ***

 世間的に竹下先生が派閥を割った経緯は、「総理へのステップである幹事長にしてくれない角栄に反発した」「復権を目論む角栄を見限った」との見方が一般的です。でもね、僕に言わせれば事情は全く違うんです。

...

記事全文を読む