デイリー新潮

野球

“嬉し泣き”阪神「藤川球児」が歩むイバラの道

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 涙はこぼれてません。僕じゃない。ファンに泣いてほしい――なんて浪花節を唸っていたのは、11月24日に行われた阪神復帰会見での藤川球児(35)である。

「いや、あれは紛れもなく“嬉し泣き”ですよ」

 と虎番記者が苦笑する。

 中継ぎとして03年、05年の優勝に貢献し、07年、11年にはセーブ王に輝いた藤川は、13年にシカゴ・カブスに移籍するも、いきなり右腕を故障してしまい、手術の憂き目に。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月10日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事