デイリー新潮

社会

[マンション偽装]専門家が呆れた「問題業者」の知識不足

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 わずかひと月ほど前まで、世間はフォルクスワーゲンによるデータ偽装のニュースで持ち切りだったはずだ。ドイツ人のクラフトマンシップ(職人魂)はどこへ行ったのかと、かの国を揶揄する声もあった。だが、今となっては日本人の誰が同社を嗤うことが出来るだろうか。

 横浜のマンション『パークシティLaLa横浜』の杭打ち偽装問題が発覚して約3週間、事件の当事者たちが見せた振る舞いは、お粗末そのものである。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年11月12日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事