大人は眉をひそめる「ハロウィン」バカ騒ぎをどうしてくれよう!

社会週刊新潮 2015年11月5日号掲載

 血の滲んだ顔の傷がおぞましいゾンビたち。魔女や化け猫からなぜかハイレグ網タイツのバニーガールまで。夥しい数の魑魅魍魎が街中を跋扈するあの季節がまた廻ってきた。年々、規模が拡大するイベント、ハロウィンだ。由来とは無関係の愚の狂宴をどうしてくれよう!

 ***

 シンデレラや白雪姫のコスプレ女性たちが、歩道でスマホの自撮り棒を用い、「ハイ・チーズ」と記念撮影に興じるのは、通行の邪魔とはいえ、まだ良しとしよう。だが、そのグループに混じって、血に染まった白衣のナースがおもちゃのチェーンソーを振り回すのは何故なのか。

...

記事全文を読む