“60億円詐取”「みずほ銀行」元支店長逮捕でも残る「大疑問」

社会週刊新潮 2015年4月2日号掲載

“銀行員の犯罪”に、ようやくメスが入った――3月24日、警視庁捜査2課共同捜査本部は、みずほ銀行元東陽町支店長の及川幹雄(51)を逮捕した。

「容疑は、2011年5月から約1年間、“元本保証、月利3%の配当”というウソの投資話で、世田谷区在住の医師から1億1500万円を騙し取ったというもの。同じく逮捕された森田光一(38)と櫻橋厚(こう)(45)は、医師と及川を仲介し、及川から手数料を取っていました」(社会部記者)

 及川の手法は、“みずほ銀行審査第二部審査役”の肩書を使い、東京・内幸町(当時)のみずほ銀行本店応接室で投資話を持ちかけるというもの。

...

記事全文を読む