36歳主婦はなぜ風俗嬢になったのか――『日本の風俗嬢』(7)

社会

 女性が性風俗の世界に足を踏み入れる動機で一番多いのは、「お金」。これは別に他の職業と変わらない。

 しかし、中には一風変わった動機の女性もいる。『日本の風俗嬢』(中村淳彦・著)に登場する主婦のAさん(36歳)の場合はどうか。以下、同書をもとに紹介しよう。

 Aさんの動機は「本当に昔から憧れの仕事だったから」というもの。

「旦那とは、すごく仲がいいですね。旦那とか生活に不満とかはなにもありません。

 全然お金に困っているとかじゃなくて、ただの興味本位です」

...

記事全文を読む