裸体は芸術か? 進化する現代ヌード表現 芸術新潮編集長が語る

アート芸術新潮 2014年8月号掲載

 漫画家・美術家のろくでなし子が「わいせつ電磁的記録頒布」の容疑で逮捕された事件が記憶に新しい。問題となった作品を実見していないため何とも言い難いところはあるが、3Dプリンタで女性器の造形が出力できるというだけでは美術作品として創意に欠ける。だから芸術かどうか考察する以前に、猥褻だとみなされてしまう可能性も考えられなくない。だが配布された3Dデータはボート作品のためのプロジェクトの一貫。プロジェクト全体をとおして考えれば、女性器をモティーフにすることはそれほど騒がれることだろうか。

...

記事全文を読む