「地域農業」を守るフロンティア|荒川静香のステイ・ポジティブ「かがやいている、元気な農家」vol.2

荒川静香のステイ・ポジティブ

 梅雨は、普段生活するには鬱陶しい存在ですが、稲作にとっては恵みそのもの。今回、一面に水を湛(たた)えた水田で、私を迎えて下さったのは、宮城県仙台市若林区を拠点とする「仙台イーストカントリー」の皆さん。同カントリーは、水稲、大豆、飼料用米を作付けする市内最大規模の農事組合法人。「50年後も農業を続けられる組織作り」を掲げ、2008年1月に設立。東日本大震災前の経営面積は68ヘクタール。8人のメンバーで約90軒の農家の圃(ほ)場を引き受けていらっしゃいました。

...

記事全文を読む