デイリー新潮

企業・業界

東芝、“危機脱出策”の検討結果を2月14日に発表 近づくXデー

現在発売中

週刊新潮 2017年3月30日号 
2017/3/23発売

ネット書店で購入する

 まるでまな板の上のマグロ、である。昨年末、7000億円に上る巨額損失の存在を明らかにした巨漢「東芝」。不祥事連続の「墜ちた名門」に回復の力は最早なく、今後のシナリオは「解体」の二文字しかないという。

 ***

「第二の野澤」――。

 東芝社内で、綱川智社長はそう呼ばれているという。

「社員は悪くありません!」

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年2月9日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事