デイリー新潮

国際

北朝鮮の冬事情、餓死の心配はない? ミサイル“連射”の影響は…

現在発売中

  • 「ジャニーズ事務所」vs「辣腕マネージャー」の詫び状と退職金の攻防
  • 「横田早紀江さん」の苦悩が増す「横田滋さん」の体調問題
  • 逮捕に元愛人「栩内女史」の発した一言! 実は自宅の売却先を探していた

週刊新潮 2016年12月15日号 
2016/12/8発売

ネット書店で購入する

 まもなく厳冬を迎える北朝鮮。今年は、2月の弾道ミサイル発射実験を皮切りに既に16回もミサイルを発射し、核実験も2回行われた。それらのツケが庶民生活に回ってくれば、寒さと飢えで大量の死者が出ると懸念する声が広がっているのだ。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年11月24日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事