デイリー新潮

国際

投開票直前での「ヒラリー」再捜査 FBI陰謀の可能性は

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 FBIのコミー長官。その名は将来、世界情勢を大きく変えるきっかけを作った人物として語り継がれるかもしれない。

「ヒラリー氏は国務長官時代、機密情報に私的メールを使い、FBIの捜査を受けました。7月5日、コミー長官は訴追を見送る方針を発表したものの、投開票日直前の10月28日に捜査再開となったので、陰謀説が囁かれるのもわからないではありません」...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年11月24日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事