デイリー新潮

スポーツ

松山英樹、世界ゴルフ選手権優勝 体幹トレーニングの成果

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 2位に7打差をつけての圧倒的な優勝である。世界ゴルフ選手権「WGC―HSBCチャンピオンズ」を制した松山英樹(24)のプレーは、これまでになくパワフルかつ正確だった。日頃から怠らない「体幹トレーニング」がもたらした成果でもある。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年11月10日神帰月増大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事