デイリー新潮

国内

慶大集団暴行、被害者を突き放す大学の姿勢に批判 「慶応には娘を預けられないと思われても仕方がない」

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 闇に埋もれそうだった「事件」が明るみに出ようとしている。「週刊新潮」が報じた、慶応大女子学生の「陵辱」事案。その本格捜査が始まったのだ。そこで問いたいのは、大学の姿勢。被害者を突き放し、事を「未成年飲酒」に矮小化した姿を見て、福沢翁は何を思うのか。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月27日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事