デイリー新潮

スポーツ

金本阪神のドラフトに“アホやな” 佐々木の単独指名ならず

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

「その瞬間、300人集まったチャペルが水を打ったように静まり返った」

 と語るのは、ドラフト会議当日の10月20日、桜美林大学に駆けつけたスポーツ紙記者。お目当ては、首都大学リーグ初Vの立役者、佐々木千隼(ちはや)投手(22)だった。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年11月3日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事