デイリー新潮

ビジネス

首都58万世帯停電、東京電力の損害賠償はどうなる

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 首都機能が麻痺した。信号機は都内200カ所で灯火が消え、電車は運転を見合わせ、霞が関の省庁内も真っ暗。原因は、10月12日に埼玉県新座市内にある東京電力の関連施設で起きた火災だった。この火災で主に都内西部58万世帯が停電し、経済的な損失は億単位に上るといわれている。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月27日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事