デイリー新潮

国内

口ほどにもなかった「二階幹事長」の手腕…新潟知事選は惨敗

現在発売中

  • 勝手に出家「清水富美加」が不幸にした人 「幸福の科学」信者1200万人なのになぜ落選?
  • 「わずか5カ月で偏差値70突破!一流中学を総ナメにした「芦田愛菜」のNN勉強法
  • 「石原慎太郎」独占インタビュー70分!「小池百合子は総理の器にあらず」

週刊新潮 2017年2月23日号 
2017/2/16発売

ネット書店で購入する

「毎日千本ノックだよ。忙しくって忙しくって」

 つい2週間前まで嬉しい悲鳴のような声を上げていたのは、自民党の二階俊博幹事長(77)。就任から2カ月半、陳情に次ぐ陳情の処理に忙殺される日々のようだが、ときに党内のハレーションも厭わぬ動きを見せてきた。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月27日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事