デイリー新潮

エンタメ

長谷川豊アナが炎上…年間1.6兆円「人工透析」の実態

現在発売中

  • 「ジャニーズ事務所」vs「辣腕マネージャー」の詫び状と退職金の攻防
  • 「横田早紀江さん」の苦悩が増す「横田滋さん」の体調問題
  • 逮捕に元愛人「栩内女史」の発した一言! 実は自宅の売却先を探していた

週刊新潮 2016年12月15日号 
2016/12/8発売

ネット書店で購入する

「暴論」とは文字通り、乱暴な議論のことであるが、結果的に、蓋をしておきたい何かを「暴く」論となることもありうる。先頃、フリーアナウンサーが発した暴言も、その是非とは別に、日本の「人工透析」が抱える恐ろしい実態の一端を炙り出したのは確かである。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月20日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事