デイリー新潮

ビジネス

創業者の“お骨”持参で社長に「辞めなさい」 大戸屋のお家騒動

現在発売中

  • 勝手に出家「清水富美加」が不幸にした人 「幸福の科学」信者1200万人なのになぜ落選?
  • 「わずか5カ月で偏差値70突破!一流中学を総ナメにした「芦田愛菜」のNN勉強法
  • 「石原慎太郎」独占インタビュー70分!「小池百合子は総理の器にあらず」

週刊新潮 2017年2月23日号 
2017/2/16発売

ネット書店で購入する

 街の定食屋から、国内350店・海外100店の一大外食チェーンに成長した「大戸屋」。だが、実質的な創業者である三森久実氏が昨年7月に57歳で急逝すると、創業家と現経営陣の間でお家騒動が勃発。そして先頃、経緯を調査した第三者委員会が「報告書」をまとめたのだが、そこにはまるでドラマのワンシーンのような骨肉の修羅場が赤裸々に描写されていた。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月13日神無月増大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事