デイリー新潮

国際

ヒラリー・クリントンはパーキンソン病? 医師が指摘

現在発売中

  • 勝手に出家「清水富美加」が不幸にした人 「幸福の科学」信者1200万人なのになぜ落選?
  • 「わずか5カ月で偏差値70突破!一流中学を総ナメにした「芦田愛菜」のNN勉強法
  • 「石原慎太郎」独占インタビュー70分!「小池百合子は総理の器にあらず」

週刊新潮 2017年2月23日号 
2017/2/16発売

ネット書店で購入する

 1年以上の時間と巨額の選挙資金を費やして行われる米大統領選の候補者は、プライバシーも含めて徹底的に丸裸にされる。そして、目下の話題は民主党候補のヒラリー・クリントン氏(68)の健康問題だ。現地時間9月26日に行われたトランプ氏とのテレビ討論会では“ヒラリー勝利”と報じられるが、ネガティブ・キャンペーンが当たり前のお国柄、ずばり「パーキンソン病」を指摘する現役医師もいて――。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年9月29日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事