デイリー新潮

国内

豊洲移転で「テリー伊藤」実家の玉子焼屋の運命は

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 一口に築地と言っても、それは場内市場と場外市場の二つから成っている。早朝からのセリが終わると閑散としてしまう場内に比べ、その後も買い物客や食事客で賑わう場外の店舗は、この移転延期問題でどういう煽りを受けているのか。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年9月29日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事