デイリー新潮

国内

ノーベル賞、3年連続の日本人受賞の可能性は

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 今年は10月3日の医学生理学賞を皮切りに、各賞の受賞者の発表が始まるノーベル賞。もし日本人受賞者が出れば、3年連続の快挙となるが……。

 まずは医学生理学賞から。

 科学部記者の話。

「がんの抑制薬を開発した本庶佑(ほんじょたすく)(静岡県立大学理事長)や、細胞同士をくっつける分子を発見した竹市雅俊(京都大学名誉教授)など、いつ受賞してもおかしくないと言われている人は何人もいますが、山中伸弥(京大教授)が作製したiPS細胞や、3億人の命を救ったといわれる大村智(北里大特別栄誉教授)の業績に比べれば物足りない。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年9月29日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事