デイリー新潮

スポーツ

福原愛、ロンドンからリオへの4年間 共に歩んだフィジカルトレーナーが語る(1)

 リオ五輪・女子卓球、個人では惜しくもメダルを逃したものの4位、団体では石川佳純・伊藤美誠選手と共に奮闘し、見事「銅」を持ち帰った福原愛選手。
 今大会、「愛ちゃん、これまでとなんか違うね!?」という声が多く聞かれたが、彼女に起こった変化は何だったのか。
 先のロンドン大会前から、6年以上福原選手のフィジカルトレーナーを務めている中野ジェームズ修一さんに、そのヒミツをきいた。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事