デイリー新潮

社会

高知東生、清原和博からヤクザまで ヒトがシャブに手を出す様々な事情

■快楽だけが目的か



 一昨年はASKA、今年は清原和博、高知東生と、覚せい剤で逮捕される有名人は後を絶たない。

 覚せい剤、通称「シャブ」が違法であることはわかり切っているのに、なぜそれでも手を出してしまうのか。...

記事全文を読む

この記事の関連記事