デイリー新潮

スポーツ

元水戸泉の部屋で力士6人が休場の異変 かわいがり疑惑も親方は否定

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 土俵上の吊り屋根に届かんばかりの豪快な塩撒きは、相撲ファンならずとも知るところ。だが目下、元水戸泉こと錦戸親方(53)を巡っては塩ならぬ、怪情報が乱れ飛んでいる。待望のおかみさんを娶った矢先、手塩にかけたはずの弟子たちが、なぜか本場所から姿を消していたのだ。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年6月9日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事