デイリー新潮

アート

鑑賞しながら利益も期待できる「現代アート投資」 狙い目は中華圏にマーケットのある作家

現在発売中

週刊新潮 2017年3月30日号 
2017/3/23発売

ネット書店で購入する

 手頃な値段で来歴も明朗な「現代アート」への投資術をご紹介。その特徴を「気に入った絵を買って眺めるだけでも満足できるし、値上げは“おまけ”だと思えば、株価のように下がって腹が立つこともない」と説明するのは、資産デザイン研究所の内藤忍代表である。村上隆さんや奈良美智(よしとも)さんの作品を多く扱ってきたギャラリーオーナーの小山登美夫氏は「ペインティング(油絵や水彩画)が15年で10倍になったケースはいくつもあります」という。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年4月21日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事