デイリー新潮

社会

流行の黒幕は「パリピ」だった セルカ棒、リムジンパーティー、インスタグラム

 前回、ハロウィンが国民的行事になったのには、パリピ(パーティーピープル)と呼ばれる若者たちの存在があったことを明かした。

 それ以外にはどのようなものがあるのか。

 パリピの生態を解明した初めての本『パリピ経済』をもとに紹介してみよう。著者の原田曜平氏は、博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーとして、実際のパリピへの聞き取り調査なども行ったうえで、同書を執筆している。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事