デイリー新潮

社会

百田尚樹氏最新作が物議を醸す 『永遠の0』を超えた最高の問題作

『永遠の0』『海賊とよばれた男』等のベストセラーで知られる百田尚樹氏は、発言や著作でこれまでに数々の共感や感動と共に、様々な物議も醸してきた。

 今回も例外ではないのかもしれない。

 2月26日に発売された最新刊『カエルの楽園』もまた、発売早々、議論を呼んでいるのだ。...

記事全文を読む

この記事の関連記事