デイリー新潮

ライフ

「妻のおせっかい」「夫の冷たさ」ががん患者を悩ませる

 がんになった人にとって、がんよりも悩ましいものがあるという。

 それは、人間関係。

 本来ならともに病気に立ち向かうはずの家族や親戚、知り合いとの関係に思い悩む患者が急増しているのだ。

 がんにまつわるあらゆる相談にこたえる「がん哲学外来」の担当医で、順天堂大学医学部教授の樋野興夫氏は次のように分析する。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事