デイリー新潮

社会

ホンダジェット開発リーダー「跳び起き カレンダー裏に図を描いた」――開発を大きく前進させたスケッチ公開

 昨年暮れ、第一号機を顧客に引き渡したホンダジェット。受注も100機を超えて、滑り出しは順調のようだ。

 このジェット機の外見上の特徴は、主翼の上にエンジンが載っていることだ。航空機に詳しい人たちは、かなりの違和感を持ったはずだ。エンジンを主翼の上に置く前例がなかったわけではなかったが、技術的な問題から「タブー」とされてきた側面もある。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事