デイリー新潮

社会

陽気な明治天皇 臣下に食事を分け与え 宮殿全体がひとつの家族のようだった

「おすべり」とは何か、と聞かれて首をかしげる人も、「おさがり」と言い換えればわかるだろう。宮中では天皇皇后からいただくものをおすべりという。『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』の著者、米窪明美さんが解説してくれた。

「これをみんなで、というときは『おすべり』で、特定の誰かにこれを、というときは『くだされ』というんです」

...

記事全文を読む

この記事の関連記事