デイリー新潮

社会

天皇家のお雑煮は丸餅3つに芋、大根で白味噌仕立て 元旦からフランス料理も

 お正月に最も働いている日本人は天皇かもしれない。起床は午前4時。5時半から暗闇の中で、新年最初の宮中祭祀が始まる。『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』の著者、米窪明美さんが言う。

「年が明けて最初に天皇が行う神事が四方拝(しほうはい)です。皇居の中にある神嘉殿(しんかでん)という建物の前庭でかがり火を焚き、真薦(まこも)を敷いて周りに屏風を立てた中で1人、伊勢神宮、先帝の山陵、四方の神々に拝礼して、国の安泰と五穀豊穣を祈るのです。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事