デイリー新潮

社会

「5・6発ぶっとばしていいですか?」冒陳で明かされた弁護士の痛々しい“被害状況“ [股間枝切り鋏事件]

現在発売中

週刊新潮 2017年3月30日号 
2017/3/23発売

ネット書店で購入する

 11月26日に開かれた第2回公判では、件の事件に関する「小番一騎(こつがいいっき)」と被害者の「国際弁護士」、そして小番の妻で弁護士と不倫関係にあった「A」の関係性が赤裸々に明かされた。そこで読み上げられた冒頭陳述は「小番の奥さんと被害者のセックスに関する話ばかりで、驚きました」(傍聴人)という内容で、Aと弁護士との逢瀬についても克明に綴られている。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月10日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事