デイリー新潮

芸能

【「原節子」の後半生】ナチス「ゲッベルス宣伝大臣」と会談もあった世界一周旅行

現在発売中

週刊新潮 2017年4月6日号 
2017/3/30発売

ネット書店で購入する

 1937年3月。満州国が建国された同じ月に、原節子は船と鉄道を乗り継いで渡欧。続いてアメリカ大陸も横断し、世界一周を果たして帰国している。その間、ドイツではナチスの宣伝大臣、ヨーゼフ・ゲッベルスと談笑していたのだ。

 ***

 日独防共協定が締結されたのは1936年11月。それに合わせるように日独合作映画が企画され、アーノルド・ファンクという監督が訪日した。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月10日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事