デイリー新潮

社会

オバマ大統領を広島に! 県民の願いを込めた1400通の手紙がホワイトハウスに届いた

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

 オバマ米大統領の広島訪問を願う県民の活動が話題となっている。

 広島テレビが集めた広島県民1400名分の手紙が、今年9月広島テレビ社長の三山秀昭氏により米国国家安全保障会議の高官に手渡された。1400通の手紙は来年5月の伊勢志摩サミットの際、大統領に広島訪問を熱望する内容だ。三山氏は訪米の際の様子を「新潮45 12月号」(11月18発売)に掲載された「オバマ大統領、ヒロシマはあなたを待っています」と題した記事のなかで詳述している。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2015年12月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事