デイリー新潮

野球

メジャーリーガー「青木宣親」は脳震盪の連続で選手生命に黄信号

現在発売中

  • 意味不明が多すぎる「豊洲のパンドラ」20の疑問
  • 後ろから弾が飛んでくる民進党代表「蓮舫」船出の七難
  • マルサに踏み込まれた3階級制覇チャンピオン「井岡一翔」の金箔豪邸
  • 113億円投資詐欺の逮捕者が「GACKT」と親密だったから
  • シャンパンタワーから成人向けDVDまで 「坂口良子の愛娘」絵に描いたような転落人生

週刊新潮 2016年9月29日号 
2016/9/21発売

ネット書店で購入する

「痛がるな デッドボールは 儲けもの」なんて川柳みたいにお気楽なのは草野球だけ。メジャーリーグのSFジャイアンツでプレーする青木宣親外野手(33)は、8月9日のカブス戦で受けた頭部への死球と、12日の外野フェンスヘの激突による2度の脳震盪で戦線を離脱。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年10月8日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事