デイリー新潮

イマイマイズム見聞録

靖國神社みたままつり|イマイマイズム見聞録[第43回]

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

 毎年新盆の時期に行われる、靖國神社の「みたままつり」。境内に数多くの献灯を掲げ、戦死者のみたまを慰める、厳かな夏祭りである。以前から都心の大きな祭りとして人気があったが、近年若者の間で「麻布十番納涼まつり」と共に、「都心のイケてる祭り」として注目されると、人出がうなぎ上りに。人の増加と共に、乱痴気騒ぎなどの問題行動も増え、その解決に向け、今年から祭りへの露店の出店を見合わせることになったそうな。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2015年9月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事