デイリー新潮

社会

松嶋、小倉、宮根も泣いた つんく♂手記「最後の言葉」

 音楽プロデューサーのつんく♂が手記『「だから、生きる。」』が、いまテレビや新聞などメディアで大きな話題になっている。

 発売日当日は一時、各ネット書店のランキングで一位を独占するなど、その売れ行きもさることながら、手記の内容がテレビ番組で紹介されると、視聴者のみならず出演者の涙腺を崩壊させたのだ。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事