デイリー新潮

社会

偉人たちのゴシップ集/『歴史と私 史料と歩んだ歴史家の回想』

 無味乾燥で、解読に手間のかかる歴史史料の山の向こうに、やけに生臭い、人間味溢れるドラマが隠れている。史料を探し、収集し、整理し、活字化し(採算にあわず活字化できないことも多い)、保存し、公開する。『歴史と私』は昭和史研究のインフラ整備をライフワークにした東大名誉教授伊藤隆の語りによる回想録である。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事