デイリー新潮

芸能

黒柳徹子だから語れる「見事に生きた人」の話/『トットひとり』

女がひとりで生きていくのは大変だってわかったのは、三十八歳の時だった――。

徹子だから語れる「見事に生きた人」の話/ペリー荻野

 今後、百年たっても二百年たっても、「日本のテレビ創成期」を語るとき、「黒柳徹子」の名前は確実に出るはずだ。なんたって「テレビ女優第一号」。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事