デイリー新潮

社会

日弁連「抗議」が説得力を失ってしまった/若狭勝(元東京地検特捜部副部長) 少年犯罪の「実名・写真報道」私の考え

現在発売中

  • 「福島瑞穂」と「今井絵理子」は正直者!「三原じゅん子」が資産0円で通る子供騙しの「国会議員」資産公開
  • 日本から1万7000キロ! 真夏の南米に記者派遣!「筑波大留学生失踪事件」国際手配されたチリ人を追え!
  • 10億円を払っても「韓国」やらずぼったくり

週刊新潮 2017年1月19日号
2017/1/12発売

ネット書店で購入する

 少年法の61条には、実名や容ぼうを報じてはならないと現に定められています。だから、私は国会議員としても法律家の立場としても、決して週刊新潮の側には立てない。

 しかし、これまでと違い、少年事件の報道については国民の意識が変わっているのも事実です。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年3月19日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事